キャッシュレス決済サービスが乱立しすぎなので整理した

キャッシュレス決済サービスが乱立しすぎなので整理した

こんにちは。

他国に比べキャッシュレスがなかなか広まらない日本ですが、その理由の一つとして、一般に浸透する前にサービスだけ乱立してしまっている状況があると思います。

特に最近はPayPayの100億キャンペーンなどでQRコード決済も広く認知され始め、いよいよ競争が激化してきたのでここで一度まとめようと思います。

多種多様なキャッシュレス決済サービスたち

日本で主要なキャッシュレス決済サービス

日本で主に使われている電子マネーをジャンル別にまとめてみました。

非接触IC

おそらく一番認知されていてユーザーも多いであろう電子マネー。
この中で更に「プリペイド型」と「ポストペイ型」に分けられます。

プリペイド型

Suicaなどが代表格の、誰でも簡単に発行できる電子マネーです。
プリペイドの名の通り、使用前にチャージした金額だけしか使うことができないため、基本的には残高を意識して使う必要があります。

上記の他には、PASMOやTマネーなどが挙げられます。

ポストペイ型

クレジットカードを電子化したもの、という認識でだいたい合っていると思います。

使用時は紐づいているクレカで支払ったのと同じ扱いになりますが、クレカと違いサインや暗証番号が要らずスムーズに支払うことができます。

残高を気にする必要も基本的にはないのですが、クレカが発行できないと使用することもできないのがデメリットです。

上記のほかには、Visa payWaveなどがあります。

ID決済

オンラインショップでの支払いをスムーズに安全に行うため作られた支払い方法。

基本的にはサービスに紐づけたクレジットカードで支払う形になります。

個人のオンラインショップなど、信用が保証されない店舗での支払いに多用されており、世界的には現状PayPal一強な感じがします。

QRコード決済

QRコードを読み取ることで決済を行う決済方法。
日本では普及率が伸び悩んでいたのですが、Yahoo!がリリースしたPayPayの大型キャンペーンで一般層にも一気に認知され始めたのではないでしょうか。

プリペイドのようにチャージして使うことも、クレカを紐づけてポストペイのように使うこともできるので便利な反面、選択肢が多いため使用感も煩雑になりがちです。

個人間送金ができるアプリが多いため、実店舗の決済よりも飲み会などでの割り勘に使うのがとても便利な印象。

スマホ内蔵

電子マネー界隈をわかりにくくする要因は確実にこれらですね。
「アップルペイで(ドヤァ)」に泣かされたコンビニ店員は数知れず。

これらは非接触ICをスマホに内蔵する機能の名称なため、Apple Payで支払う際にもレジでは「(Apple Payの)クイックペイで」と言わないと決済が通りません。

名称も他の○○ペイに寄せているせいか、機能を理解せずに使っている人が多い印象。

機能的にはスマホタッチでクレカが使えるようなものなので、非常に使い勝手が良いです。

種類多すぎンゴ…

今回ここで取り上げた以外にも、キャリア決済のd払いなどたくさんの決済方法があります。
が、やはりある程度のユーザー数を確保できているサービスは限られているので、今後はどんどん淘汰されていき本当に使いやすいサービスだけが生き残るのではないでしょうか。

個人的なベストバイですが、QRコード決済の手段としてPayPayを導入しておき、スマホ内蔵機能でiDとQUICPayとSuicaを紐づけておくのが現状無敵だと思います。

基本的にPayPay対応店舗ではPayPayで支払い、対応していない場合はスマホのiD、地下鉄を利用する場合のみスマホでSuicaを、どちらも対応していない最終手段としてQUICPay使うことで、ほぼ全ての支払いをスマホで済ますことができます。

QUICPayではなくiDを優先させたのは言わずもがなですね。

まとめ

実際電子マネー中心の生活にしてみると、やはりかなり便利ですね。
特に個人間送金ができるサービスが普及することで、割り勘での端数が気にならなくなったり、遠距離からのリモート奢りが可能となるのは一つ、これからの決済体験を創っていると言えるのではないでしょうか。

QRコード決済サービスはPayPayなどを筆頭に各社でキャッシュバックキャンペーンなどが行われているため、これを機に普及することを願ってやみません。

割り勘で小銭をジャラジャラさせる煩わしさから解放されたい方は、ぜひ一度周りも巻き込んで使ってみてください。

それでは〜。

サービスカテゴリの最新記事

ページトップへ戻る