IoT時代における新しい音声体験のデザイン #Designship2018

IoT時代における新しい音声体験のデザイン #Designship2018

前回の投稿に引き続き、日本最大級のデザインカンファレンス『Designship 2018』のトークセッション内容をまとめます。

 

株式会社VoicyのVUXデザイナー、京谷 実穂さん(@mi___ko120)による『IoT時代における新しい音声体験のデザイン』。
スマートスピーカーの登場により一気に加速中のVUIの分野が目指す未来について語ってくれました。

京谷 実穂さんのあいさつ

IoTが普及し様々なプロダクトがインターネットに繋がるようになると、ディスプレイを持たないプロダクトにおいては音声がUIの主となり、そこから流れる音声はUIのみならず新しいメディアとなります。

音声がユーザーにリーチするために必要なことや、VUIが生活者に寄り添い生活の一部になるには、現在のユーザーのリテラシーや、音声認識技術を解しながら、段階を踏んで普及させていくことが必要だと考えています。

株式会社Voicyで「Voicy」という音声メディアを運営や、企業様が音声市場に参入するためのコンサルティングを行い、その中で得た気づきや知見をもとに講演させていただきます。(Designship公式サイトより)

豊かな生活を提供したい

スマホとそれに付随するサービスの圧倒的な普及により、知りたい情報がスマホ一つでいつでもどこでも手に入る時代となりました。
しかしそれにより、電車でも街中でもスマホを見続ける毎日が創られてしまったのです。

【悲報】スマホの見過ぎで二重アゴの割合が増えている

京谷さんはそれを小さな箱の中に囚われていると表現していました。

これは決して素敵な世界ではなく、スマホを見ずとも"あたりまえに生活する"だけで、自分が得たい情報、体験を得られるのがVoicyが目指す世界と仰っていました。 

VUIの普及

スマホが発売された当時、しばらくはガラケー全盛期が続いていました。
その頃はスマホがこんなにも生活に根付くとは誰も思ってはいなかったのですが、その後カレンダーやSNSなどのキラーサービスが出てきてUXが爆上がりし、一気に普及しました。

UX革命により爆発的に普及する

このようなブレイクスルーが生まれることをUX革命と呼ぶのですが、これと同じ状況が今のVUIの世界でも起こりつつあると京谷さんは言います。

VUIの世界におけるキラーサービスを生み出すことで、音声体験の可能性を爆発的に広げることができるそうです。

Voicyで創りたい世界

スマート家電などIoTであらゆるプロダクトがネットに繋がるようになれば、あたりまえに生活するだけで必要な情報を音声によって得られる時代はすぐに実現すると京谷さんは言います。

音声プラットフォーム「Voicy」

しかしそのためには、まず仕組みとしてIoTプロダクトに音声を配信するインフラが必要ですが、まだまだブルーオーシャンな分野。
Voicyはそのための音声プラットフォームを先駆けて作っており、そこで配信された音声がどのように聞かれているのか、どこで離脱しているかなどのデータを収集しているそうです。

Voicyが目指す世界の片鱗が見えた

音声を「ライフスタイルメディア」にする。
そのためには音声分野で活躍するUXデザイナーの力が必要です。

このトークセッションをきっかけに、音声体験・音声市場に興味を持ってくれる方が増えてほしいと仰っていました。

雑感

決して一つの音声サービスを作りたいだけなわけではなく、音声がメディアの手段として広く普及する未来を創るという強い意思を感じました。

自分も通勤時間の98%くらいはスマホを見ているので、こういうサービスが普及するとありがたいですね。
もし誰もがスマホを見なくなったら、みんな地下鉄の中でどこを見るんでしょうか笑
電車内広告の需要が高まったりと、色んな変化が起こりそうですね。

追記:スライドとスクリプトが公開されていました

京谷さんがトークセッションで使用したスライドとスクリプトをnoteに公開されていました。

イベントカテゴリの最新記事

ページトップへ戻る