クリエイティブを競争力に デザイナーを10倍輝かせる組織作り #Designship2018

クリエイティブを競争力に デザイナーを10倍輝かせる組織作り #Designship2018

前回の投稿に引き続き、日本最大級のデザインカンファレンス『Designship 2018』のトークセッション内容をまとめます。

株式会社サイバーエージェントのクリエイティブ統括室室長、佐藤 洋介さん(@sugaar)による『クリエイティブを競争力に デザイナーを10倍輝かせる組織作り』。
クリエイティブを会社の競争力にする方法、デザイナーのやる気を10倍引き出す方法について、サイバーエージェント内での事例をもとに話してくれました。

佐藤 洋介さんのあいさつ

2018年5月に経済産業省から発表された『デザイン経営宣言』。
そこにも“デザインは、イノベーションを実現する力になる。”と記載されている通り、近年経営に置けるデザインの重要性は増してきています。

本講演では、クリエイティブを競争力にしたい、デザイナーのやる気を10倍引き出したいと考える方々に向けて、「AbemaTV」「Ameba」「AWA」など自社メディアサービスを複数運営するサイバーエージェントが実践するクリエイティブ組織の取り組み事例を元に、デザイン経営を実践するための思考やマネジメントについてお話いたします。(Designship公式サイトより)

なぜ経営の場にデザインが重視されているのか

ネットやスマホの爆発的な普及からユーザーの習慣が変化し、情報は「探す」から「選択」の時代と変わってきています。

以前に比べユーザーのリテラシーが上がっており、また表現の多様化によりユーザーの目が肥えるという事態が発生しているそうです。
つまり、コンテンツに対するユーザの期待値がかなり向上していると言えます。

また、今まで以上になく、経営の場にもデザインが浸透してきています。
経産省が発表したデザイン経営の中で、デザインはイノベーションの力になるという話がある通り、ユーザーの習慣の変化に対し経営をどうアレンジしていくかが今後重要になってきます。

デザイナーはアレンジャーとして経営に巻き込む価値があるという事実が一般的になってきている中、注意したいのはデザイン経営 = デザイナーの決済権ではないということ。
互いの信頼関係を築くことが大事だと説明されていました。

デザイナーはアレンジャーとして経営に巻き込む価値がある

デザイナーが10倍輝く組織をつくるには

これからの時代に向かって、デザイナーが経営の場で力を発揮し今までの10倍輝く組織をつくるためには、「環境を変える」「文化を浸透させる」「経営に理解してもらう」の3つのステップが必要であると仰っていました。

環境を変える

CAのデザイナーは表に出たくないけど目立ちたいという人が多く、クリエイターとしてスキルを誇示し承認されたいという思いがあるはずなので、周囲にスキルをドヤれる場を作り、目立てる環境作りを行なっているそうです。

一つはデザイナーロワイヤルという社内のオープンスペースで行なっているイベント。
すでにリリースされているプロダクトに対しデザイナーがフィードバックをしまくる会で、そこには社内の選ばれしデザイナーのみが参加できるそうです。
このように呼ばれること自体が名誉になるような仕組み作りを行なっているんだとか。

また、デザインセンター試験という、webリテラシーについての問題やデザイン実技の問題を解くイベントも開催していて、高得点者にはAdobe MAXの招待券などのご褒美を与えているそうです。

デザインセンター試験の例題

デザインセンター試験、自分や周りのデザイナーのスキルが点数として現れるのはモチベの向上や競争意識の高まりにもなって良さそうですね。自分もやってみたい。

また、強いデザイナーを社内に置くためにはもちろん適切な評価も重要で、デザイナーの場合は技術評価をメインにしているのだとか。

担当の事業が日の目を浴びないようなサービスの場合、デザイナー個人になかなか目が当たらないことが起こりうるそうですが、事業の成否ではなく、その中のスキルにフォーカスして評価されるよう環境づくりを行なっているそうです。

これに関してはデザイナーに限らず、エンジニアもビジネス側も同じような評価軸であるべきだとは思いました。

文化を浸透させる

CAでは社員一人一人が求めるクオリティのレベルを統一するためにも、社内にノベルティをたくさん置いたり(トイレットペーパーやカニパン)して、デザインを浸透させる取り組みを行なっています。

ちょっと遊び心も入れつつ、「映える」ことを意識したブランドグッズを社内に置いたりすることで「この美意識がないと社員として恥ずかしい」というのをグッズを使って社員に意識させているそう。

社内のトイレットペーパーは全てAmeba Rollなんだとか

自社ブランドを社員に浸透させるためにそこまで投資できる体力があるCA、やはり資本力が違う…

理解してもらう

デザインの指摘をされると自己否定されたように捉えるデザイナーがいるため、あくまでフィードバックは感想ではなく批評であるという考えを、受ける側にもする側にも浸透させているそうです。

そうすることでデザイナーは指摘の意図を汲み取る努力をするようになるため、経営とデザイナーで目線は合わせることができるといいます。

コミュニケーションを諦めない仕組みづくりをすることで、互いの信頼関係を築きやすくなると説明されていました。

雑感

デザインの指摘やフィードバックは感想ではなく批評であることを自覚し、指摘の意図を汲み取る力が大事という言葉、特に若手のうちはこれに尽きると思うので、日々意識していこうと思いました。

「コミュニケーションをあきらめない」はデザイナーだけではなく、企業で働く全ての人にとって重要なマインドですね。

まずは自分の環境でしっかりトライしてみることが重要。
…にしてもCA、デザイナーに優しそうでいいなぁ〜

イベントカテゴリの最新記事

ページトップへ戻る