ビズリーチのデザイン哲学 #Designship2018

ビズリーチのデザイン哲学 #Designship2018

前回の投稿に引き続き、日本最大級のデザインカンファレンス『Designship 2018』のトークセッション内容をまとめます。

株式会社ビズリーチのCDO、田中 裕一さんによる『ビズリーチのデザイン哲学』。

ビズリーチのデザイン戦略

ビズリーチは人材系では後発の企業なため、競合他社に対し何かしらの優位性が必要でした。
そこでブランディング、広報、人材、組織、すべてにデザイン戦略を導入し差別化を図ったそうです。

そうしてデザインに本格的に力を入れはじめ、2017年にはプロダクトがサービス・インタラクションデザインでグッドデザイン賞を受賞するまでになりました。

さらに2018年にはCDOを設置するなど、経営にも本格的にデザインを組み込んでおり、他にもデザインの教科書を制作したり、オウンドメディアとして公式デザインブログの発信などの活動をされているそうです。

デザインで解決できる領域は多種にわたる

デザインそのものが競合優位性になる

田中さんは、デザインの力でこの業界の課題を解決し新しい価値を創りたいと思い人材業界に飛び込みましたが、当時デザインは完全にビジネスの下流にあったそうです。
デザインの価値がなかなか理解されないこの分野でこそ、「デザインの哲学」を浸透させ存在価値を高めていきたく様々な活動をされています。

こうした努力のおかげでサービスのUXが高まり、営業が売り込むときにも「UI / UXが良い」というポイントのおかげで後発でも選んでもらえるそうです。

まさに、デザインそのものが競合優位性になった、というわけですね。

ビズリーチのフィロソフィーは「We DESIGN it.」。
デザインが関わるフィールドは全てのモノコトなので、そのための価値創造が重要だと説明してくれました。

雑感

デザイナーが先導して思想や哲学を広めることもちろん大事ですが、デザイナーだけで価値創造をすることはできないので、全ての人たちを巻き込む仕組みづくりがなにより重要になってくると感じました。

イベントカテゴリの最新記事

ページトップへ戻る