100人のデザイナーと対話してわかったデザイン業界の今 #Designship2018

100人のデザイナーと対話してわかったデザイン業界の今 #Designship2018

前回の投稿に引き続き、日本最大級のデザインカンファレンス『Designship 2018』のトークセッション内容をまとめます。

株式会社グッドパッチのキャリアデザイナー、佐宗 純さん(@Junsus4D)による『100人のデザイナーと対話してわかったデザイン業界の今』。

今年大きく話題となったデザイナー特化型のキャリア支援サービス「Re Designer」を通じてわかった、デザイン業界の現状についてお話ししてくれました。

Re Designerの立ち上げ

Re Designerを立ち上げた理由は、デザイナーが最高のパフォーマンスを発揮できる社会を作るため。
デザイナーと企業の間に介在し最適なマッチングを生み出し、デザイナーがパフォーマンスを最大発揮する社会を創るのがRe Designerのビジョンだと言います。

デザイナーが活躍する場は増えてきているが…

組織がデザイナーに求めるものは、コーディングやUI設計から、ユーザー調査、企画、経営戦略などと年々広くなってきています。
未だグローバル100社のうち14%しかCDOなどのデザイナーエグゼクティブを設けておらず、 デザイン組織が欲しいという経営者が増えているため、デザイナーが活躍できる場は確実に増えてきています。

しかしその一方、ビジュアルなどの表層の表現 = デザイナーの仕事と思っている人がまだ多いのも事実であり、これこそが問題だと提起されていました。

個人のキャリア像と組織が求めるデザイナー像のギャップ

「5年後に目指すデザイナーとしてのキャリアは?」回答結果

Re Designerの調査結果によると、「5年後に目指すデザイナーとしてのキャリアは?」という問いに対し「デザイン技術を極めたい」「ビジネスを作りたい」という思いを持っている人が多数で、経営や組織づくりに力を入れたいと思っている人はまだ少ないのが現状。

しかし企業が欲しい人材は先ほど述べたとおり、デザイナーエグゼクティブなどの組織づくりに強いデザイナーであり、ここに一つ大きなギャップが生まれています。

「デザインする上で最も喜びを感じる点は?」回答結果

また、「デザインする上で最も喜びを感じる点は?」に対しては、ユーザが喜んでいるとき、社会的影響を与えられた時というのが多く見受けられます。

しかし「組織に貢献できた時」というのは非常に少なく、企業が求めているデザイナー像とはだいぶ違ってしまっています。

このような現状を打開するために、デザイナー特化型のキャリア支援サービス「Re Designer」はつくられたそうです。
その目的は決してデザイナーの転職回数を上げることではなく、組織と個人のデザイナー像のギャップを埋めて企業におけるデザイナーの価値を上げていくことである、と説明されていました。

雑感

今後デザイナーとして生き残っていくためには、表層のスキルだけでなく事業戦略や経営の知識も必須になってくると感じました。
加えて組織を引っ張ってゆく先導力も、今まで以上に重宝されるスキルになりそう。

5年後に目指すデザイナー像の質問については、回答者の年齢層によって大きく差が出るなぁと思います。
若手のデザイナーほど表層表現などの個のスキルを伸ばしたがりがちだとは思うので、若いうちから自分のキャリアについて、やりたいことベースではなくニーズを見定めて考える必要があると感じました。

イベントカテゴリの最新記事

ページトップへ戻る