ロンドン歴18年の日本人が学んだ欧米のデジタルデザイン #Designship2018

ロンドン歴18年の日本人が学んだ欧米のデジタルデザイン #Designship2018

前回の投稿に引き続き、日本最大級のデザインカンファレンス『Designship 2018』のトークセッション内容をまとめます。

株式会社グッドパッチのアドバイザリー兼クリエイティブディレクター、難波 謙太さんによる『ロンドン歴18年の日本人が学んだ欧米のデジタルデザイン』。
20年近くを海外で過ごした難波さんが、日本と欧米のデザイナーの違いについて語ってくれました。

難波 謙太さんのあいさつ

高校卒業と同時に単身渡英、美術大学グラフィックデザイン学科卒業後、14年間ロンドンにてデザインキャリアを積む。

ロンドンオリンピックをはじめ、ホンダ、ナイキ、ASUS、ジャガー、P&Gなど様々なグローバルデジタル案件のデザインとクリエイティブディレクションを手がけた。
日本との違いの一つは、戦略からコンセプトまでデザイナーが自ら立案し制作まで携われること。企業側も、デジタル媒体ならではのメガ提案を求めてくる。

このため欧米でのデジタルデザイナーという職はチャレンジングであり飛躍できるキャリアである。それに比べると日本はまだ評価が低いため、デジタルデザインの価値を証明していくことが課題だと考える。(Designship公式サイトより)

日本と欧米の違い -キャリアパス

日本ではデザイナーは組織の下に位置しており、キャリアアップするときにはディレクターという選択になる、ということが非常に多く見られます。

これはつまり、日本にはクリエイターであり続けるキャリアパスが用意されていない、ということ。
その理由として、日本では企画はディレクターや広告代理店が考えるため、「デザイナーはビジュアルを作る人」という考えが未だに蔓延っているせい(特にデザイナー以外の職種の人に)だと話してくれました。

デザイナーなどのクリエイターがキャリアの下側に位置している

一方ヨーロッパでは、デザイナーとしての専門性を生かしたまま、キャリアアップすることが可能な社会になっていると言います。
なぜならヨーロッパでは、デザイナーは戦略から考え、企画を考え、その企画を売り、形にするまでを全て担うという認識が普通に浸透しているから。

デザイナーがデザイナーを育てるということが可能となるため、クリエイター内だけでエコシステムを作れるのは非常に良いですね。

欧米では、デザイナーはデザイナーの山のままキャリアアップすることができる

日本と欧米の違い -ブランディングへの意識

日本では何事もUXに寄りすぎて考えてしまっており、ブランディングが離れてしまっていると言います。
ヨーロッパでは何かモノを作る時、常に中心にあるのはブランディングだそうです。

もちろんUXを重視するのは大切なことですが、ユーザー目線になりすぎていてしまいブランド観点が抜けてしまいがち。
サービスやプロダクトをつくるうえでブランドのことも考え反映しないと、それはただの情報設計で終わってしまうと説明されていました。

日本にあるブランド意識の強い企業はごく少数で、例としてSIGMAなどを挙げられていました。

日本でデザイナーの価値を創造するために

日本でデザイナーの価値を創造するためには、この4つを意識する必要があると説明してくれました。

  • ブランド観点でデザインする
    UXを重視するのは良いけれども、ブランド観点が抜けてしまってはいけない。使い捨てにならないようデザインにちゃんと落とし込むことが重要。
  • 分業せずにプロジェクトチームで企画を考える
    全員で考えて、全員で作り上げることが重要。決して人が考えたモノを作るだけの人になってはいけない。それではキャリアは広がっていかない。
  • 企画はデジタルを越えて良い
    分野はなんでもいいので、デカく提案する。どうせ削られるかも知れないが、小さいとそこから広がることはまずないので。
  • 言葉で伝えるトレーニングをする
    デザイナーは職種柄コミュ障が多く、それは海外も同じだが、海外では説明するのもデザイナーの仕事なので言葉で伝える力が身についている。
    作って見せれば終わりでなく、デザイナーが説明できなかったら誰が説明するのか、ということを常意識することが大事。

雑感

確かにUXに寄り添えていることこそが正義みたいな風潮はあるので、そうすることによるデメリットは意識して考えないといけないなぁと思いました。

日本はまだまだデザインの価値が浸透していないと思うので、何故大事なのかを説明した上で、作ったものをしっかり伝える努力をしていかないといけないですね。

追記:スライドとスクリプトが公開されていました

難波さんがトークセッションで使用したスライドとスクリプトをnoteに公開されていました。

イベントカテゴリの最新記事

ページトップへ戻る