フルスタックより強い、オールラウンドデザイナーのつくりかた #Designship2018

フルスタックより強い、オールラウンドデザイナーのつくりかた #Designship2018

前回の投稿に引き続き、日本最大級のデザインカンファレンス『Designship 2018』のトークセッション内容をまとめます。

 

株式会社パークの代表、佐々木 智也さんによる『フルスタックより強い、オールラウンドデザイナーのつくりかた』。

デザイアーのキャリアとしてフルスタックデザイナーはオススメできないという驚愕のお話をしていただきました。

佐々木 智也さんのあいさつ

事業の多様化やスピードの変化で、デザイナーに求められているスキルや価値の範囲がますます広がってきています。「フルスタックデザイナー」という言葉がでてきましたが、これは経営側の道理でしかなく、デザイナーとして長期的な成長は望めません。これからのデザイナーはソースコードを書けることより、あらゆる領域のデザインに専門性を持つ、すなわち「オールラウンドデザイナー」になることが今後重要な価値になっていきます。

グラフィックの制作会社、広告代理店、ITベンチャーを渡り歩き、アナログからデジタルまで幅広い領域に挑戦し、身に付けてきた経験を基に、オールラウンドにデザインを習得していく意義と秘訣について話します。(Designship公式サイトより)

1流になれなくても、超2流にはなれる

佐々木さんは今まで広告からグラフィック、空間、web、アートディレクターなど幅広く手がけてきました。
そのキャリア形成の中で味わったのは、全ての領域に先駆者がいることへの挫折

しかしここまで広い領域を担当できるデザイナーは日本でも少ないので、1つのジャンルでトップでなくても、総合力でトップクラスになることは可能であったと言います。

一つの専門分野を武器にしようとしても手強い相手が多すぎるため、デザイナーのキャリアとして「オールラウンドデザイナー」をおすすめされていました。

フルスタックとオールラウンドの違い

フルスタックデザイナーとは、デザインができて、フロントエンドもできて、バックエンドもできる人のこと。
確かに武器は多いですが、デザイナーのキャリアとしてはおすすめできないとのことです。

理由として、特にスタートアップでは、デザインよりエンジニア / セールスが優先されているのが現状。
キャリアアップとともにデザインの前線からは外され、デザイナーとしてはなかなか成長できないことが挙げられていました。

また、ビジネスが多様化しデザイン領域は非常に広がっているため、フルスタックに活動しようとするとデザイナーとしての成熟度が上がりにくくなってしまうことも理由の一つだそうです。

オールラウンドデザイナーの場合は、領域は違えどデザイン同士のため共通言語が多く、それぞれにシナジーをもたせて成長することができます。
山を埋めるのではなく増やすことが大事だと説明されていました。

フルスタックに動くと、デザイナーとして成熟しにくいが…
オールラウンドに動くことで幅を持った成長ができる

オールラウンドデザイナーになるには

オールラウンドデザイナーになるには、

  • 「思考」
  • 「技術」
  • 「環境」

が必要になると言います。

思考

思考」はアイディア、エグゼキューション、クラフトの3つに分けられます。

アイディアは課題に対しての解、エグゼキューションは最適な手段、クラフトはクオリティ。この3つを切り分けて考えることが重要です。

切り分けて考えることができると、例えばwebサイトを依頼されたとき、いきなりサイトを作らずに、依頼の解決方法としてwebが本当に適切かを見極めることができると説明されていました。

技術

「技術」のためには、基礎デザイン力を育てることが必須。

「レイアウト力」「ビジュアル力」「造形力」のどれか1つでもいいので、自分の武器だ!と言えるまで磨くことが重要だそうです。

磨き方としては、○○っぽさを再現する力を鍛えること。
世の中のデザインは○○っぽいでできているため、それにプラスして新しい価値を付加できたらサイコーだと説明されていました。

環境

「環境」については、ライバルをつくることがお金もかからず成長のスピードも速くなるので一番良いとおっしゃっていました。

同期のいる会社、年次の近い先輩のいる会社、同業種とオフィスシェアをしてみるなど、同じ環境にいることを忘れないことが大事で、同じ空間に存在することによって、成果物だけで比較するのではなく、制作のその過程も比較し合うことができます。

これらを満たして活動していくことで、たとえ1流にはなれないとしても、オールラウンドな超2流ソリューションデザイナーには今からでもなれる!!と強くおっしゃっていました。

雑感

領域は違えど、デザイナーであれば本質的に求められるものは同じなので、確かに横断的なスキルは得やすいのかもなぁと思いました。

にしても、フルスタックに動けるwebデザイナーを目指してたんだけどなぁ。。

追記:スライドとスクリプトが公開されていました

佐々木さんがトークセッションで使用したスライドとスクリプトをnoteに公開されていました。

イベントカテゴリの最新記事

ページトップへ戻る