【まとめ】Design Ship 2018のトークセッション内容をまとめました #Designship2018

【まとめ】Design Ship 2018のトークセッション内容をまとめました #Designship2018

こんにちは。

今更ですが、おそらく日本最大のデザインイベントとなった「Designship 2018」で行われたトークセッションを、雑感とともにまとめました。

登壇者も運営陣もこれまでにないくらい活気に溢れていて、かなりの学びと刺激を受ける時間でした。
内容を少しでも共有できたらと思いまとめてみたので、ご覧いただけたらなと思います。

オープニング

オーガナイザーとして熱い思いを語った、Designship主催の広野 萌さん(@hajipion)。
半沢直樹ばりの怒涛のオープニングトーク、アツすぎる…!!

「核拡デザイン」を探求し続けて

トップバッターがいきなり巨匠すぎて、暴力的に視座を上げられたトークセッション。
まさにデザインで日本を創ってきた中西さんがCI, VIついて、また経営にデザインを取り入れる意義について語ってくれました。

トイレの美しさに向き合い続けて考えたこと

「開発者と同じ目線に立つことがデザイナーには求められる」ということを、TOTOのプロダクトデザイナー 大塚さんがプロダクトデザインの現場の事例をもとに語ってくれました。
手にうんこのようなものを持っていたのが終始気になりました。

魅力を伝えるストーリーのつくりかた・つたえかた

コネヒトのデザイナー 兼 ゆるふわ女子のきよえ氏さんが、ブランドを語り継ぐことの難しさについて語ってくれました。

IoT時代における新しい音声体験のデザイン

Voicyのデザイナー 京谷さんが、スマートスピーカーの登場により一気に加速中のVUIの分野が目指す未来について語ってくれました。
スマホの見過ぎは二重アゴに繋がるという事実がなにより衝撃です。

クリエイティブを競争力に デザイナーを10倍輝かせる組織作り

CAの佐藤さんが、クリエイティブを会社の競争力にする方法、デザイナーのやる気を10倍引き出す方法について、社内の事例をもとに話してくれました。
聞けば聞くほどCAの環境が羨ましい…!

ビズリーチのデザイン哲学

ビズリーチのCDO 田中さんが、ビズリーチの人材業界におけるデザイン戦略について語ってくれました。
今回の登壇者の中で一番イケメンでした。

ライブにイノベーションを起こすUXデザイン

ヤマハの柘植さんが、音楽の遺産を未来の世代に残す取り組みであるライブの真空パック化についてご紹介してくれました。
実際にプロトタイプを持ち込んで実演しながらのトークセッション、素晴らしい…!

生鮮ECのクックパッドマート式、変化の激しさに耐えられる新規事業の進め方

クックパッドのデザイナー 米田さんが、農家から食材を注文できるECサービス「cookpad mart」の事例を元に、事業組織のあり方について語ってくれました。

100人のデザイナーと対話してわかったデザイン業界の今

グッドパッチのキャリアデザイナーである佐宗さんが、今年大きく話題となったキャリア支援サービス「Re Designer」を通じてわかったデザイン業界の現状についてお話ししてくれました。

ロンドン歴18年の日本人が学んだ欧米のデジタルデザイン

20年近くを海外で過ごした難波さんが、日本と欧米のデザイナーキャリアの違いについて語ってくれました。
海外のデザイナーの実態を聞く機会は自分には中々ないので、大変貴重な時間でした。

「日本型サービスデザイン・プロジェクト」の成功の秘訣

アイ・エム・ジェイのService Design lab.に所属する太田 文明さんが、日本におけるデザイン思考のアンチパターンについて語ってくれました。
攻めの服装が気になってしょうがなかったのは自分だけではないはず。

フルスタックより強い、オールラウンドデザイナーのつくりかた

パークの代表である佐々木さんから、デザイアーのキャリアとしてフルスタックデザイナーはオススメできないという驚愕のお話をしていただきました。
ビジネス金髪という単語を初めて聞きました。

おまけ - プロトタイピングツール投票

CAが会場内で行なっていたプロトタイピングツールの人気投票、結果はこのようになっていました。

XDが最近追い上げてきていますが、それでもまだSketchユーザーのほうが多いようですね。
Figmaも最近アップデートで急激に進化しているので、ユーザーが増える予感。

こういった統計は海外のものはたくさんありますが、日本の記事はなかなか見ないので参考になります。

 

第一線で活躍する様々なデザイナーの話を間近で聞けて、非常に多くの学びがありました。
忘れないよう定期的に見返しながら、自分のクリエイティブに活かしていきたいですね。

それでは〜。

イベントカテゴリの最新記事

ページトップへ戻る